企業会計ナビ
リース

所有権移転ファイナンス・リース取引

(しょゆうけんいてんふぁいなんすりーすとりひき)

所有権移転ファイナンス・リース取引とは、リース契約上の諸条件に照らしてリース物件の所有権が借手に移転すると認められるものをいいます。所有権移転ファイナンス・リース取引については、通常の売買取引に係る方法に準じて会計処理を行います。

所有権移転ファイナンス・リースには、例えば以下のような取引があります。

  1. リース契約上、リース期間終了後又はリース期間の中途で、リース物件の所有権が借手に移転することとされているリース取引
  2. リース契約上、借手に対して、リース期間終了後又はリース期間の中途で、名目的価額又はその行使時点のリース物件の価額に比して著しく有利な価額で買い取る権利(割安購入選択権)が与えられており、その行使が確実に予想されるリース取引
  3. リース物件が、借手の用途等に合わせて特別の仕様により製作又は建設されたものであって、当該リース物件の返還後、貸手が第三者に再びリース又は売却することが困難であるため、その使用可能期間を通じて借手によってのみ使用されることが明らかなリース取引


情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?