企業会計ナビ
リース

リース債務

(りーすさいむ)

リース債務とは、ファイナンス・リース取引で借手側に生じる負債をいいます。
ファイナンス・リース取引については、原則として通常の売買取引に係る方法に準じた会計処理を行い、借手はリース物件とこれに係る債務をリース資産及びリース債務として財務諸表に計上します。
リース資産及びリース債務の計上額を算定するにあたっては、原則として、リース契約締結時に合意されたリース料総額からこれに含まれている利息相当額の合理的な見積額を控除する方法によります。
リース債務については、貸借対照表日後1年以内に支払の期限が到来するものは流動負債に属するものとし、貸借対照表日後1年を超えて支払の期限が到来するものは固定負債に属するものとします。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?