企業会計ナビ
リース

リース取引

(りーすとりひき)

リース取引とは、特定の物件の所有者たる貸手(レッサー)が、当該物件の借手(レッシー)に対し、合意された期間(リース期間)にわたりこれを使用収益する権利を与え、借手は、合意された使用料(リース料)を貸手に支払う取引をいいます。リース会計基準におけるリース取引の定義を満たすものについては、リース契約、レンタル契約、賃貸借契約などの名称にかかわらず、リース取引として取り扱われます。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?