企業会計ナビ
棚卸資産

最終仕入原価法

(さいしゅうしいれげんかほう)

最終仕入原価法とは、棚卸資産を期末から最も近い時に取得した1単位当たりの取得価額をもって評価する方法です。法人税法で規定されている評価方法ですが、棚卸資産の評価に関する会計基準においては棚卸資産の評価方法として定められていません。期末棚卸資産の大部分が最終の仕入価格で取得されている場合や、期末棚卸資産に重要性が乏しい場合においてのみ、適用が容認されます。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?