企業会計ナビ
金融商品

取得原価主義

(しゅとくげんかしゅぎ)

取得原価主義とは、資産を評価するに際し、取得した時点で支払った対価をもとに評価する会計です。

取得原価主義は数値の客観性を確保できる反面、含み損益については財務諸表に顕在化させていませんでした。また、急速に拡大しているデリバティブ取引についても決済されるまで取引の実態が会計に反映されていませんでした。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?