企業会計ナビ
金融商品

その他有価証券

(そのたゆうかしょうけん)

その他有価証券とは、売買目的有価証券、満期保有目的の債券、子会社株式及び関連会社株式以外の有価証券をいいます。

その他有価証券は、時価をもって貸借対照表価額とし、評価差額は洗替方式に基づき、次のいずれかの方法により処理します。

(1) 評価差額の合計額を純資産の部に計上する(全部純資産直入法)。
(2) 時価が取得原価を上回る銘柄に係る評価差額(評価差益)は純資産の部に計上し、時価が取得原価を下回る銘柄に係る評価差額(評価差損)は当期の損失として処理する(部分純資産直入法)。

なお、純資産の部に計上されるその他有価証券の評価差額については、税効果会計を適用する必要があります。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?