企業会計ナビ
金融商品

信用取引

(しんようとりひき)

信用取引とは、顧客が有価証券の売買取引を行うときに、証券会社から当該取引に必要な資金(信用買い)または有価証券(信用売り)を借り入れて行う取引です。
有価証券の買付けを行う顧客は、資金を借りて有価証券を買付け、その有価証券を証券会社に担保として差入れ、後日、担保に差入れた有価証券を売却するか、他から借入れ、当初の借入資金を返済します。
有価証券の売付けを行う顧客は、有価証券を借入れてこれを売却し、売却代金を証券会社に担保として差入れ、後日、担保に差入れた資金または新たに借り入れた資金により有価証券を買付けし、当初の借入有価証券を返済します。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?