企業会計ナビ
金融商品

ローン・パーティシペーション

(ろーん・ぱーてぃしぺーしょん)

ローン・パーティシペーション(loan participation : 貸出参加)とは、金融機関等からの貸出債権に係る権利義務関係を移転させずに、原貸出債権に係る経済的利益とリスクを原貸出債権の原債権者から参加者に移転させる契約をいいます。
ローン・パーティシペーションは債権流動化の手段であり、銀行が有する貸付債権を他の銀行等の金融機関へ売却することによって、売却銀行にとっては、貸付債権を貸借対照表からオフバランスすることができ、リスクの軽減・手数料収入の確保・総資産の削減等のメリットを享受できます。
ローン・パーティシペーションは、契約上の形式は債権譲渡とは異なりますが、商慣行上、債権流動化の手法として広く利用されていることから、債権に係るリスクと経済的利益のほとんどすべてが参加者に移転している場合等一定の要件を充たすものに限り、オフバランス処理を認めることとされています。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?