企業会計ナビ
金融商品

時価主義

(じかしゅぎ)

時価主義とは、特定の資産または負債について毎期末の時価をもとに評価する会計です。
従来の取得原価主義においては、時価と簿価の乖離を財務諸表に反映できませんでしたが、期末現在の時価に基づく会社の財政状態および経営成績を示すことが可能となりました。デリバティブ取引全般についても、財務諸表において時価評価の対象とされます。ただし、時価主義といってもすべての資産・負債に時価評価を求めているものではありません。対象は客観性の確保されるものに限定され、時価に恣意性が入るものは含まれません。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?