企業会計ナビ
金融商品

デット・アサンプション

(でっと・あさんぷしょん)

デット・アサンプション(debt assumption)とは、企業が発行した社債の元利金の支払について、銀行等との間で債務履行引受契約を締結し、当該債務を銀行等が引き受けると同時に、企業は銀行等に対して見返りの資金を支払う取引のことです。

企業は、デット・アサンプションを行うことで、期限前償還や買入償還ができたのと同じ効果を得ることができます。

会計上は、社債について、遡求請求が行われる可能性が極めて低い場合に限り、当該社債をオフバランス化することが認められています。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?