企業会計ナビ
金融商品

部分純資産直入法

(ぶぶんじゅんしさんちょくにゅうほう)

部分純資産直入法とは、その他有価証券評価差額金に係る処理方法の一つであり、時価が取得原価を上回る銘柄に係る評価差額(評価差益)は純資産の部に計上し、時価が取得原価を下回る銘柄に係る評価差額(評価差損)は当期の損失として処理する方法をいいます。
その他有価証券評価差額金の処理については、原則として、全部純資産直入法を適用しますが、継続適用を条件として部分純資産直入法を適用することができます。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?