企業会計ナビ
工事契約

工事契約に係る認識基準

(こうじけいやくにかかるにんしききじゅん)

工事契約に係る認識基準とは、工事契約に関して工事収益及び工事原価を認識するための基準をいい、工事進行基準と工事完成基準とがあります。工事の進行途上においても、その進捗部分について成果の確実性が認められる場合には工事進行基準を適用し、この要件を満たさない場合には工事完成基準を適用します。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?