企業会計ナビ
資産除去債務

キャッチアップ・アプローチ

(きゃっちあっぷ・あぷろーち)

キャッチアップ・アプローチとは、資産除去債務の見積りの変更から生じる調整額を、資産除去債務に係る負債及び有形固定資産の残高に反映し、その調整の効果を一時の損益とする方法をいいます。
このアプローチは、適用初年度における期首残高を調整する方法として採用されています。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?