企業会計ナビ
2020年3月期 有報開示事例分析

第7回:新型コロナウイルス感染症に関する追加情報(会計上の見積り項目)

2021.05.26
EY新日本有限責任監査法人 公認会計士 中澤 範之

Question

2020年3月決算会社における「追加情報に記載された会計上の見積り」における新型コロナウイルス感染症(以下「本感染症」という。)の影響の開示状況は?

Answer

【調査範囲】

  • 調査日:2020年8月
  • 調査対象期間:2020年3月31日
  • 調査対象書類:有価証券報告書
  • 調査対象会社:2020年4月1日現在のJPX400に採用されている会社のうち、以下の条件に該当する196社
    • ① 3月31日決算
    • ② 2020年6月30日までに有価証券報告書を提出している
    • ③ 日本基準を採用している

【調査結果】

(1)追加情報の開示状況

調査対象会社196社のうち、連結財務諸表に本感染症の追加情報を注記した138社について、会社数の業種別割合を<図表1>にて記載した。

商業施設の閉鎖、人の移動制限、工場稼働停止等の影響によって、不動産業、運輸(鉄道)業、石油製品等の資源業は、90%以上の会社が追加情報を注記していた。これに対して、保険、証券、銀行等の金融業、電気・ガス業は、50%以下の開示割合である。

<図表1> 経営環境についての説明における本感染症の記載内容

業種別割合(※) 対象となる東証の業種 分析対象
JPX400
追加情報を注記した会社
100% パルプ・紙、繊維製品、水産・農林業、金属製品、石油・石炭製品、非鉄金属、不動産業、空運業 23 23
90%以上 陸運業 16 15
70%以上 サービス業、輸送用機器、その他金融業、建設業、化学、ガラス・土石製品、機械 70 55
60%以上 その他製品、精密機器、電気機器、食料品、情報・通信業、小売業 48 30
50%以上 医薬品、保険業、証券、商品先物取引業 10 5
30%以上 卸売業、銀行業、電気・ガス業 22 9
10%以上 電気・ガス業 7 1
合計 196 138
  • (※)各業種の追加情報を注記した会社数/各業種のJPX400の会社数

(2)会計上の見積り

連結財務諸表に本感染症の追加情報を注記した138社について、具体的な名称が記載された会計上の見積りを集計した(<図表2>参照)。その結果、会計上の見積りは主に6つ開示されており、特に記載が多い会計上の見積りは、「固定資産の減損」及び「繰延税金資産の回収可能性」であった。当該見積りは、業種を問わず広く記載されていた。これに対して、「工事収益、原価」は10件が建設業、「債権の評価」は7件が金融業による記載である。

なお、具体的な会計上の見積りを注記していない21社のうち、6社は会計上の見積りに大きな影響を与えない旨を注記している。

<図表2> 追加情報に記載された会計上の見積り

項目(※1) 会社数
固定資産の減損(※2) 85
繰延税金資産の回収可能性 75
工事収益、原価(※3) 11
棚卸資産の評価 10
債権の評価(※4) 9
出資の評価 2
会計上の見積りの記載なし 21
合計 213
  • (※1)複数の項目を記載している場合には、それぞれ1社としてカウントしている。
  • (※2)のれんの減損を含む。
  • (※3)工事完成基準、工事進行基準を含む。
  • (※4)貸倒引当金を含む。

2020年3月期 有報開示事例分析

情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?