企業会計ナビ
わかりやすい解説シリーズ「連結」

第3回:グループ間取引/債権債務の消去、未達取引及び貸倒引当金の調整

2012.06.21
新日本有限責任監査法人 公認会計士 蟹澤啓輔
前のページ123|4|

4. 貸倒引当金の調整

個別貸借対照表上、連結会社間取引から生じた売掛金などの金銭債権に対し、貸倒引当金が計上されている場合には、連結会社間の売上債権の相殺消去と同時に、当該債権に対応する貸倒引当金を修正する必要があります。

連結グループ会社に対する売掛金に対し貸倒引当金を計上している場合、当該貸倒引当金の設定されている連結グループ売掛金の相殺消去を行うと、売掛金に対する貸倒引当金が過大に計上されている状態になってしまうため、相殺消去した連結グループ会社売掛金に係る貸倒引当金を修正する必要があります。なお、当該貸倒引当金に係る連結調整は翌期洗替処理を行います。

前のページ123|4|

わかりやすい解説シリーズ「連結」

情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?