企業会計ナビ

【事例分析】有価証券等注記

2009.03.27
新日本有限責任監査法人 ナレッジセンター・リサーチ

近年の株価下落に伴い、会社が保有する有価証券の時価が変動している会社が予想されます。そこで、平成21年3月期 第1四半期報告書、第2四半期報告書および第3四半期報告書の開示内容のうち、有価証券等注記の開示状況を分析いたしました。

調査日:
平成21年2月26日

調査対象:
日経500銘柄のうち、下記に該当する会社 計366社
・3月決算会社
・SEC会計方式以外の会社
・銀行等金融機関以外の会社

有価証券等注記


(1)開示事例別 会社数

対象会社:366社

<有価証券等注記>

  第1四半期 第2四半期 第3四半期
開示あり 41 76 123
開示なし 325 290 243
366 366 366

開示事例別 会社件数

(2)業種別分布図

有価証券等注記(第1四半期)

有価証券等注記(第2四半期)

有価証券等注記(第3四半期)

(3)開示状況(増減要因分析)

<有価証券等注記>

第1四半期 第2四半期 第3四半期 会社数
開示 開示 開示 34
開示 0
開示 開示 7
開示 2
開示 開示 40
開示 42
241
366
検索範囲の網羅性については確保されていません。あらかじめご了承ください。

情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?