企業会計ナビ

「修正国際基準」の公表に伴う連結財務諸表規則等の改正案のポイント

2015.07.02
新日本有限責任監査法人 会計情報トピックス
大関 康広

<金融庁から平成27年6月30日に公表>

平成27年6月30日に、金融庁から「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令(案)」等(以下「本改正案」という。)が公表されています。
本改正案は、我が国によるIFRSに対する意見発信の一環として、平成27年6月30日に、企業会計基準委員会(ASBJ)が修正国際基準(国際会計基準と企業会計基準委員会による修正会計基準によって構成される会計基準)(以下「修正国際基準」という。)の公表を行ったことを受け、修正国際基準の適用が制度上、可能となるよう、連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(以下「連結財務諸表規則」という。)等について、所要の改正等を行うものです。
また、本改正案は平成27年7月30日(木)までコメントが募集されています。

1. 改正された規則等

  • 連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(連結財務諸表規則)
  • 四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則
  • 中間連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則
  • 財務諸表等の監査証明に関する内閣府令
  • 財務計算に関する書類その他の情報の適正性を確保するための体制に関する内閣府令
  • 財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則
  • 四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則
  • 中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則
  • 企業内容等の開示に関する内閣府令
  • 金融商品取引業等に関する内閣府令
  • 銀行法施行規則
  • 長期信用銀行法施行規則
  • 信用金庫法施行規則
  • 労働金庫法施行規則
  • 協同組合による金融事業に関する法律施行規則
  • 連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則に規定する金融庁長官が定める企業会計の基準を指定する件
  • 「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」の取扱いに関する留意事項について
  • 「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」の取扱いに関する留意事項について
  • 「中間連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」の取扱いに関する留意事項について
  • 「財務諸表等の監査証明に関する内閣府令」の取扱いに関する留意事項について
  • 「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」の取扱いに関する留意事項について
  • 企業内容等の開示に関する留意事項について(企業内容等開示ガイドライン)

2. 本改正案の概要

(1)連結財務諸表規則等の改正

修正国際基準に基づいて連結財務諸表を適正に作成することができる体制を整備しているなど、一定の要件を満たす株式会社が提出する連結財務諸表の用語、様式及び作成方法は、修正国際基準に従うことができることとする規定を新設するほか、所要の改正が行われます。

(2)企業内容等の開示に関する内閣府令の改正

修正国際基準により連結財務諸表を作成した場合には、その旨を、また、提出会社が修正国際基準に基づいて連結財務諸表等を適正に作成することができる体制の整備を行っている場合には、その旨及びその体制の具体的な内容の記載を有価証券報告書に求めるほか、所要の改正が行われます。

(3)告示の改正及び指定

一定の日までに企業会計基準委員会(ASBJ)の名において公表が行われた修正国際基準が、金融庁長官が定める企業会計の基準とされます。

その他、金融庁関係内閣府令等につき、所要の改正が行われます。

3. 適用時期

公布の日から施行されます(修正国際基準に係る改正については、平成28年3月31日以後に終了する連結会計年度に係る連結財務諸表等について適用を予定。)。

なお、本稿は本改正案の概要を記述したものであり、詳細については本文をご参照ください。

金融庁ウェブサイトへ


情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?