法人案内
ニュースリリース

EY新日本、IPO監査実績3年連続首位

2020.12.25

EY新日本有限責任監査法人(東京都千代田区 理事長:片倉正美)は、2020年のIPO監査実績において3年連続の首位となりましたことをお知らせいたします。2020年のIPO監査実績社数は27社です。

なお、EY新日本では、今年7月に「IPO認定者制度」を導入しました。本制度を通じてIPO監査人材の育成を強化し、IPO監査難民問題の解決を図るなど精力的に取り組み、さらなるIPO監査体制の強化をしております。また、EY Japan全体では、11月からスタートアップを支援する専門チーム「EY Startup Innovation」を設置し、スタートアップに精通した専門的な知見を持つ人材を集結しており、包括的なワンストップサービスの提供を開始しています。

今後もEY Japan全体で日本経済の成長ドライバーとなるスタートアップ企業に対して、高品質かつ高付加価値のIPO監査・支援を提供し、資本市場の発展に貢献していきます。

【2018年から2020年のIPO監査実績(社数)】

 2018年   2019年   2020年 
29 22 27

※2020年上場承認ベース、TOKYO PRO Marketを除く (参考情報:「新規上場会社情報」、日本取引所グループホームページ(2020年12月25日)のデータを基にEYが集計)

〈EYについて〉
EYは、アシュアランス、税務、トランザクションおよびアドバイザリーなどの分野における世界的なリーダーです。私たちの深い洞察と高品質なサービスは、世界中の資本市場や経済活動に信頼をもたらします。私たちはさまざまなステークホルダーの期待に応えるチームを率いるリーダーを生み出していきます。そうすることで、構成員、クライアント、そして地域社会のために、より良い社会の構築に貢献します。
EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバル・ネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。詳しくは、ey.com をご覧ください。

〈EY新日本有限責任監査法人について〉
EY新日本有限責任監査法人は、EYの日本におけるメンバーファームであり、監査および保証業務を中心に、アドバイザリーサービスなどを提供しています。詳しくは、shinnihon.or.jp をご覧ください。


《 本件に関するお問い合わせ 》

EY Japan BMC
(Brand, Marketing and Communications)
報道関係者の皆さま: TEL. 03 3503 1037

報道以外について:TEL. 03 3503 1100(大代表)