法人案内
ニュースリリース

「監査品質に関する報告書2019」を発行

2019.11.01

EYのメンバーファームであるEY新日本有限責任監査法人(東京都千代田区、理事長:片倉正美)は、経営およびガバナンス体制、品質管理、人材育成など、監査品質を追求する取り組みを説明する「監査品質に関する報告書2019」を発行しました。

近年、社会、そしてステークホルダーからの監査法人への期待は益々高まっています。テクノロジーの進化、人々の価値観の多様化を背景に、ビジネスが複雑に変化する中で、監査法人も環境への変化が求められています。当法人は、その期待に応え、財務諸表の信頼性を確保するために、クライアントのビジネスを深く理解し、職業的懐疑心を持って、リスクに対応した深度ある監査を一貫して実践して参ります。
そして、幅広い視点や異なる意見を尊重する多様性のある組織づくりに力を入れつつ、グローバルに監査を遂行できる知見やリーダーシップ、業種に精通した高い専門性も監査品質を構成する重要な要素と考え、その維持向上に取り組んでいます。

そして、未来の監査の姿を「Assurance 4.0」と定義し、リアルタイムで監査を進めていく継続的監査(Continuous Auditing)への取り組みを強化するなど、テクノロジーを積極的に活用する一方で、人だからこそ可能となる監査人の深い会計や監査の知識を活かして、社会の期待やクライアントの皆さまのニーズに応えて参ります。

監査品質に関する報告書2019(PDF:6,958KB)

〈EYについて〉
EYは、アシュアランス、税務、トランザクションおよびアドバイザリーなどの分野における世界的なリーダーです。私たちの深い洞察と高品質なサービスは、世界中の資本市場や経済活動に信頼をもたらします。私たちはさまざまなステークホルダーの期待に応えるチームを率いるリーダーを生み出していきます。そうすることで、構成員、クライアント、そして地域社会のために、より良い社会の構築に貢献します。
EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバルネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。EYによる個人情報の取得・利用の方法や、データ保護に関する法令により個人情報の主体が有する権利については、ey.com/privacyをご確認ください。 EYについて詳しくは、ey.com をご覧ください。

〈EY新日本有限責任監査法人について〉
EY新日本有限責任監査法人は、EYの日本におけるメンバーファームであり、監査および保証業務を中心に、アドバイザリーサービスなどを提供しています。 詳しくは、www.shinnihon.or.jp をご覧ください。


《 本件に関するお問い合わせ 》

EY Japan BMC
(Brand, Marketing and Communications)
報道関係者の皆さま: TEL. 03 3503 1037

報道以外について:TEL. 03 3503 1100(大代表)