EWW女性起業家「アクセラレータープログラム」第5回、第6回 開催報告

2019.10.09

EY Entrepreneurial Winning Women(EWW)はEWWのナレッジと経験値を生かし、EWWの知名度の向上と社会貢献に資する目的で起業家育成のプログラム(以下、アクセラレータープログラム)を立ち上げました。2019年7月22日に第5回、2019年8月27日に第6回を開催しました。第5回は女性経営者とメンター合わせて約30名に、第6回は女性経営者とメンターに加え外部経営者もお招きし、合わせて140名にご参加いただきました。

第5回開催報告

2019年7月22日(月) 18時30分~

「マーケティングのポイント」というテーマでパネルディスカッションが行われました。株式会社インフォバーン 代表取締役 今田 素子氏、株式会社JR東日本企画 駅消費研究センター 松本 阿礼氏、有限会社スタイルビズ 代表取締役 青山 直美氏をパネリストとして迎え、マーケティング戦略におけるポイントについてお話し頂きました。
その後、メンタリンググループディスカッションにてグループごとに活発な議論が交わされました。

第5回-会場風景

第5回-会場風景2

第6回開催報告

2019年8月27日(火) 18時~

「2番手に必要なものは何か」というテーマでパネルディスカッションが開催されました。
株式会社エウレカ 共同創業者 兼 franky株式会社 取締役副社長 西川順氏、W ventures 代表 東明宏氏、株式会社コメ兵 マーケティング統括部部長 藤原義昭氏をパネリストとして迎え、CEOにとって、CEOを支える2番人材に必要とされている素養について、経験談をもとに話が展開されました。
パネルディスカッションの後、メンティーの女性経営者のビジネスプレゼンテーションが繰り広げられました。10名の女性経営者たちは6カ月間EWWアクセラレータープログラムに参加し、会社のビジネスモデルについて、それぞれ熟考を重ねられました。プレゼンテーションはいずれも事業に対する熱意にあふれた、まさに6カ月間の試行錯誤があらわれる内容でした。

講演の後、名刺交換会が開催されました。アクセラレータープログラムに参加した経営者だけでなく、メンター、専門家、その他の起業家たちがつながる場となりました。

第6回-会場風景