WWN 2周年イベント後記

2015.02.12
公認会計士 後藤 昌子

2014年12月3日にWWN2周年イベント~女性起業家の活躍と成長を目指して~が開催されました。
寒さが厳しくなりつつある季節に、熱い思いにあふれた女性起業家たちが一同に集結しました。
参加者は150人程度、外国人参加者は10人~15人程度、男性比率は約15~20%程度でした。

はじめに

弊監査法人理事長 英公一の挨拶があり、駐日米国大使キャロライン・ケネディさんからも応援メッセージ(代読:米国大使館 キンバリー・バーさん)をいただきました。

写真

Winning Women Presentation

Winning Women Presentation のセッションでは、5人の女性起業家によるビジネスプランが発表されました。

写真

プレゼンターのトップバッターは株式会社メディカルアドバンス 代表取締役 本多隆子さんでした。本多さんは、歯科における医師と患者との知識の情報格差に問題意識をもっており、また、開業スタート時における医院経営の安定化を目指していただきたいとの思いより、歯科業界をはじめとした医院の内覧会ビジネスを展開しています。また、予防医療の重要性をより多くの人に広め、地域と医院の信頼構築に努めることをめざしています。

写真

次にスタイル&パートナーズ株式会社 代表取締役 大橋和代さんのプレゼンが続きました。大橋さんは、安心・安全・本格的で、かつ宝石のようにきらきらしたブティックのような「BREJEW」という冷凍食品のブランドを立ち上げています。もともと女性向けサービス企画の提案などを事業としていましたが、忙しく働く女性が安心して頼れるライフスタイルを変えるような商品を開発したいとの思いより、第2創業として新たなスタートを踏み出しています。

写真

続いて、ナスクインターナショナル株式会社 代表取締役 左近美佐子さんのプレゼンが続きました。左近さんは、もともと文化にかかわる仕事をしていましたが、ウイルス感染防止のための施工サービス、爆発物等の小型自動検査器の販売などの「安全を提供する仕事」へと転換しました。そのような男性社会の事業へ女性がチャレンジすることは難関もかなり多いとのことですが、東京オリンピックに向けた安全な日本を目指して事業に取り組んでいます。

写真

4人目はルセット・ナイン株式会社 代表取締役 大塚早希子さんによるプレゼンでした。大塚さんは、「マイナス13度までは凍らせない!」という新しい冷凍・解凍技術によるコールドバリューチェーンサービスを提供しています。東京の旅館で生まれ育ち、旅館の台所で育った幼少期からの食に対する思いが、今、本物の「日本の食の価値」をさまざまなところへ届ける新しい仕組みへとつながっています。

写真

最後は株式会社BB Stoneデザイン心理学研究所 代表取締役 日比野好恵さんによるプレゼンでした。日比野さんは、行動心理学という研究をビジネスにし、人間の心理や感性を数値化し、科学的な視点で企業の問題を解決するコンサルティングを事業としています。また、そのビジネスで得た収益を心理学の研究者たちへ「寄付金」という形で還元することを通じて、まさに研究者と社会をつなげています。そして、製品に人間心理という付加価値を提供することにより、強い日本の復活を目指しています。

パネルディスカッション

後半は5人のプレゼンターに加え、株式会社イマジンプラス 代表取締役 笹川祐子さん、株式会社ランクアップ 代表取締役 岩崎裕美子さん、日本ベンチャー学会 事務局長 田村真理子さんを迎え、パネルディスカッションが行われました。モデレーターはWWN代表の金子裕子が行いました。

写真
写真

笹川さんはセールスプロモーションの総合人材サービス・人材派遣、教育事業を全国展開されています。北海道出身で30歳目前に上京してから起業し、現在に至っています。平成23年度の日刊工業新聞社「優秀経営者顕彰」にて日刊工業新聞社賞を受賞、道産子社長会、女性経営者会などを運営するなど、幅広く活躍されています。

写真

岩崎さんは広告代理店に15年勤務し多くの化粧品会社を担当したのちに起業し、自らのブランド「マナラ」化粧品を開発、販売しています。化粧品開発のモットーは「肌の変化を実感できること」。また、なぜ日本社会では働く女性が子供一人生むことがこんなにもハードルが高いのかということに疑問を感じており、会社では17時を定時とし、ワークライフバランスの充実を徹底して行っています。

写真

田村さんは日本ベンチャー学会の事務局長として、主にベンチャー企業や起業家に関する調査・取材を手掛けながら、事業創造論やビジネスプラン、キャリアクリエイトなどを大学等で担当しています。

パネルディスカッションでは、人材教育をどのように考えているか、事業への思いを会社の理念に変えていく方法はどうしていくべきか、数字に強くなるためにはどのようにすればよいかなどについてディスカッションがされました。共通していることは、組織内の人材教育は非常に大変な仕事の一つであるということ、社長が理念を語り続けることが大事であるということでした。

また、組織外のパートナー選びについては、新しいことを自ら発信すると、縁が縁を呼ぶように、自然とパートナーが現れてくる、ということが語られていました。パネルディスカッションの後、プレゼンターに賞が授与されました。

写真
写真

基調講演

イベントの後半は、ネットイヤーグループ株式会社 代表取締役社長 兼 CEO 石黒不二代さんに講演していただきました。「キャリアとしての起業家」という概念をはじめとし、成功する起業家が共通してもっているもの、失敗から学ぶことの大切さなど、起業家としての心構えを中心とした貴重なお話しをいただきました。

写真

応援メッセージ

WWNメンバーの株式会社シーボン 代表取締役兼執行役員社長 金子靖代さん、21LADY株式会社 代表取締役社長 広野道子さん、株式会社アイスタイル 取締役 山田メユミさんより応援のメッセージをいただきました。

写真

閉会の挨拶

WWN代表 金子裕子より、3年目の新たな取組みについての紹介があり、弊監査法人 副理事長 渡邊秀俊より閉会の挨拶がありました。

写真

ビジネス交流会

たくさんの方々の交流が図られました。

写真

昨年に引き続き、参加者が刺激を受けるイベントとなりました。
WWNは3年目を迎えます。ぜひ今後も本ネットワークのセミナーを経営やネットワークづくりにご活用ください。