Winning Womenビジネスセミナー(第9回)女性経営者のための実践講座「経営を学ぶシリーズ~企業競争力~」セミナー後記

2014.07.11
公認会計士 芦田 千晶

3月19日に「企業競争力~売り上げを伸ばし利益を上げるために~」をテーマとした、通算9回目となるWinning Womenビジネスセミナーを開催しました。

セミナーの冒頭では、日本政策金融公庫の森本淳志さんより女性向け融資について、日経BP社「日経トップリーダー」の伊藤暢人さんより女性経営者にとって必要なビジネス支援について、それぞれお話していただきました。

その後、今回のセミナーのテーマである「企業競争力~売り上げを伸ばし利益を上げるために~」について、SBIライフリビング株式会社 代表取締役社長 相原志保さん、株式会社ニュートン 代表取締役社長 荻野勝朗さん、夢の街創造委員会株式会社 代表取締役社長 中村利江さんの3名の社長によるパネルディスカッションを行いました。モデレーターは、当法人 公認会計士 藤原由佳が務めました。

相原さんからは、競争力の源泉は「人」であり、会社のステークホルダーの中で一番大切なものは社員であるとのお話がありました。社員に実践してほしいと思うことを、まずは自らが行うことで社員にメッセージを送るとのことでした。

写真

荻野さんからは、競争力の源泉は「戦略とモチベーション」であり、社長の仕事は戦略を間違わないことと、社員のモチベーションを高く保つことであるとのお話がありました。成功はシステム(戦略)に宿り、失敗は細部に宿る、とのことでした。

写真

中村さんからは、競争力の源泉は「得意な分野で顧客に価値を提供すること」にあるとのお話がありました。事業として成り立つためには利益を出し続ける必要があり、社会の役に立つと同時に一番になれる業界を探すことが重要とのことでした。

写真

また、質疑応答セッションでは、中村さんは、ほかのeコマースとの差別化をどう図るかという質問に対し、注文をメールではなくFAXを使うなど、顧客と向き合って工夫することと回答していました。
相原さんは社員採用時に重視することは何かという質問に対し、変化に耐え、ストレスを楽しめることと回答していました。
荻野さんは事業の承継におけるポイントは何かという質問に対し、会社にシステム(戦略)を残しておくことがポイントであると回答していました。
参加者の皆さまには、企業競争力について、さまざまな考えがあることが伝わったのではないかと思います。

講演後には、WWN会員の株式会社ハーモニーレジデンス、スタイル&パートナーズ株式会社、株式会社リラクの方々に、自社についてPRしていただきました。

今後も、皆さまの経営に役立つ情報を提供し、ネットワーク構築の場となるセミナーを開催してまいりますので、ぜひご参加ください。