Winning Women ビジネスセミナー(第6回)
「女性経営者に学ぶ成功のポイント」セミナー後記

2013.09.13
公認会計士 小野 文恵

7月17日に6回目となるWinning Womenビジネスセミナーおよび交流会を開催しました。

今回は、株式会社シーボンの金子靖代代表取締役兼執行役員社長のご経験に基づく「女性のキャリア形成と株式上場」、WWNの斎藤悟志より「株式上場とは何か」についての説明、「会員等によるPR」の3つの構成で実施しました。

女性のキャリア形成と株式上場

金子靖代社長第1部は、金子靖代社長のご紹介と、株式会社シーボン(以下、シーボン社)の事業の説明から始まりました。シーボン社は、高価格帯スキンケア市場で安定的に成長を続ける化粧品メーカーです。直営店は全国107店舗、今後も西日本を中心に事業を拡大するそうです。

金子さんは、札幌店で販売・接客を担当する美容部員として入社されました。当初は事務職員を希望されていたそうですが、この美容部員としての経験が、のちの金子さんご自身の成長の大きな糧になり、もし事務職員として採用されていたとすれば、現状の自分はなかったであろうとのことです。

入社当時は、「将来、出世したい、社長になりたい」と考えたことはなかったそうです。その後、ネイリスト、販売員の指導担当、製品企画開発、販促など、多くの部署の業務をご経験され、その間、置かれた場所で頭角を現すことを目標に努力されました。また、製品企画などはご自身で希望し異動されるなど、ご自身がやりたいことに、どんどん挑戦されました。

入社から16年後、管理担当取締役に抜擢され、まったく知識も経験もない管理業務の統括を任されました。この時、シーボン社は上場準備を始めて、まだ1年目。初めての「あまり楽しくはない仕事」だったそうですが、分からないことは管理業務についてご自身よりも知識・経験のある部下の力を素直に借りて、山積みであったという上場に向けての会社の課題を一つ一つ解決していかれました。

お客さまと直接接する現場の美容部員からスタートし、責任感と前向きな向上心をもって多くの部署の業務をこなし、確実に実績を上げてきた明るく前向きな金子さんに、部下の方々も良い意味で巻き込まれ、お互いに良い信頼関係を築きながら、上場準備作業を地道に進められてきたのだ、と感じました。

会場1「会社が上場したことで変わったことは?」という問いには、上場した途端に会社の中で何かがガラリと変わるのではなく、上場の準備を進める過程で、会社も、従業員も、ビジネスも、日々、少しずつ成長していく、とのことでした。

今後については、上場会社として利益を計上し続けることに力を入れるとのことです。従業員、取引先、投資家のため、シーボン社の商品を気に入り、リピーターとなっているお客さまに満足度の高いサービスを提供し続けるために、金子さんは、会社を安定的に経営し、また成長させていく責任を、とても強く感じていらっしゃるようにお見受けしました。

株式上場とは何か ~貴女の質問に答えます!~

第2部では、WWNの斎藤悟志マネージャーから株式上場について、ご説明しました。会場2

近年、新規上場をして株式市場で高い評価を受けている株式会社ユーグレナや株式会社リブセンスなどの具体例を示し、他社との差別化を上手に図ることができれば、市場では高い評価を受けやすいことを説明しました。

そのほかにも、以下についてご紹介しました。

  • リーマンショック以降、新規上場件数は低迷していたが、アベノミクス効果により最近は増加している。
  • 例えば、マザーズ市場は上場申請期に2~3億の経常利益があれば十分であるため、2~3年でそのような利益が見込まれる場合は、上場準備を始めるに当たって早すぎるということはない。
  • プライベートカンパニーからパブリックカンパニーに変わることを理解し、隠ぺい体質ではなくオープンなディスクロージャーに対する姿勢があり、経営管理体制の整備・改善に前向きに取り組める社風の会社が株式上場できる。

また、株式上場はゴールではなく通過点の一つであり、上場準備をすることは管理体制の強化や経営の効率化にも資するため、結果として企業の成長とも密接な関係があるとのご説明もしました。

会員の方による会社紹介

第3部では、WWN会員および女性関連ビジネスに力を入れている次の方々から、会社や事業についてご紹介いただきました。

  • スカイプを使って中国語レッスンを提供する「チャイナラボ株式会社」の岡本百加代表取締役
  • 恵比寿・代官山で鍼灸治療サービスを提供する「針之司京十全株式会社」の吉良公威代表取締役
  • アロマ空間デザインという空間演出を手掛ける「アットアロマ株式会社」の片岡郷代表取締役社長

交流会・名刺交換会

交流会には、セミナーの参加者の皆さまに加え、金子さんにもご参加いただきました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。今後も、いろいろなセミナーを企画してまいりますので、ぜひご期待ください。