EY Winning Women 2020
エントリー募集!

EY Entrepreneurial Winning Women(EWW)では、イノベーションにあふれる女性経営者を表彰する「EY Winning Women 2020」の受賞候補者を募集します。この表彰制度は、女性経営者とその事業の成長を支援することを目的としています。

EY Winning Women 2020に選出された女性経営者の皆さまには、以下を提供いたします。

  • EYのAsia-Pacificエリアの女性起業家が集まるEY EWW特別プログラム(2021年4月ごろ開催予定)への招待
  • 現在又は将来において海外と接点を持った事業展開の可能性がある方をサポートするための、EYの海外ネットワークとつながる機会
  • その他メンタリングやアドバイス、有力起業家や大企業などとのネットワーキング・マッチングの機会

自薦・他薦を問わず多数のご応募をお待ちしています。

EY Winning Women 2020 募集要項

エントリー資格
  • 女性経営者
  • 原則、直前期の売り上げが3,000万円以上
    ※売り上げが3,000万円未満の場合はご相談ください。
審査基準
イノベーションにあふれる女性経営者
  • Innovation : 事業アイデアやビジネスモデルの革新性
  • Entrepreneurship : 成功に導く強い信念と強力なリーダーシップ
  • Growth : 事業の実績、成長性、成長戦略
  • Global : 海外と何らかの接点を持った事業展開
審査方法
書面審査およびオンラインによる面談審査
エントリー方法
提出書類をメールにてお送りください。
メールアドレス: info_wwn@jp.ey.com
提出書類
エントリー募集締切日
2020年9月22日

スケジュール

(下の図をクリックすると拡大します)

審査員 (五十音順)

株式会社オフィスHM2 代表取締役 柏木 斉氏  

株式会社オフィスHM2 代表取締役
柏木 斉(かしわき ひとし)氏

日本ベンチャー学会 事務局長 田村 真理子氏  

日本ベンチャー学会 事務局長
田村 真理子(たむら まりこ)氏

株式会社富士山マガジンサービス 西野 伸一郎氏  

株式会社富士山マガジンサービス 代表取締役社長
西野 伸一郎(にしの しんいちろう)氏

日本MITベンチャーフォーラム 代表 理事 冬野 健司氏  

日本MITベンチャーフォーラム 理事
冬野 健司(ふゆの たけし)氏

株式会社アイスタイル 取締役兼CCO 山田メユミ氏  

株式会社アイスタイル 取締役
山田 メユミ(やまだ めゆみ)氏

EY Winning Women 2019 ファイナリスト (五十音順)

秋元 里奈 氏(株式会社ビビッドガーデン 代表取締役社長)
慶應義塾大学理工学部を卒業後、DeNAへ入社。webサービスのディレクター、営業チームリーダー、新規事業の立ち上げを経験した後、スマートフォンアプリの宣伝プロデューサーに就任。2015年より、業務と並行し実家で保有している遊休農地の活用方法を検討開始し、農業分野の課題に直面し起業を決意。2016年に株式会社ビビッドガーデンを創業。2019年には、世界を変える30歳未満30人の日本人「30 UNDER 30 JAPAN」に選出。
東 志保 氏 (株式会社Lily MedTech 代表取締役)
大学で物理学を専攻後、米国で航空宇宙の修士号獲得。JAXA宇宙科学研究所で博士後期に進学するも父親が癌で急逝し経済的理由から中退。株式会社JEOLレゾナンスに入社し、核磁気共鳴装置の開発に従事。医用超音波の研究者の夫に誘われ2015年に東大の超音波CTプロジェクトに参画。2016年に株式会社Lily MedTechを創業。複数の大学病院などで臨床研究実施中。2019年にJ-startupに選定。同年Forbes JAPAN Rising Star Award受賞。
酒井 里奈 氏 (株式会社ファーメンステーション 代表取締役)
国際基督教大学卒業。富士銀行、ドイツ証券などに勤務後、発酵技術に興味を持ち、東京農業大学応用生物科学部醸造科学科に入学、2009年卒業。同年、株式会社ファーメンステーション(東京)設立。岩手県の製造拠点にて、未利用資源からエタノールや発酵原料を製造する循環事業を展開している。第3回DBJ女性新ビジネスプランコンペティション特別賞「地域イノベーション賞」リバネステックプランター アグリテックグランプリ 2018などを受賞。
豊嶋 千奈 氏 (株式会社AILL 代表取締役)
2009年同志社大学法学部卒業。武田薬品工業株式会社に入社(2015年女性幹部候補生に選出)。2017年MBA取得。顧客志向を前提とした企画立案・戦略・営業・交渉を得意とする。2019年世界初の「AI恋愛ナビゲーションサービスAill」を、企業の従業員さんのワークライフシナジー「ライフサポート」サービスとしてリリース。IVS Winter 2018、B DASH 2019ファイナリスト。
原田 典子 氏 (AI CROSS株式会社 代表取締役社長)
1998年慶應義塾大学経済学部卒業後、ドイツ系ソフトウェア企業SAPにてテクニカルコンサルタントとして働いた後、システム開発ベンチャー企業に入社。同社アメリカ法人設立のため渡米。シアトル、サンノゼ、ニューヨークなどでアメリカのネットビジネス、ITトレンドの調査および提携・アライアンス業務などを担当。2015年3月より、ビジネスコミュニケーションプラットフォームを手掛けるAI CROSS株式会社 代表取締役社長に就任。
平野 未来 氏 (株式会社シナモン 代表取締役)
東京大学大学院修了。人工知能の研究に従事。2005年、2006年にはIPA未踏ソフトウェア創造事業に2度採択された。在学中に株式会社ネイキッドテクノロジーを創業し、iOS / Android / ガラケーでアプリを開発できるミドルウェアを開発・運営。2011年に同社を株式会社ミクシィに売却。2014年度の日経新聞社が選ぶ「若き40人の異才」に選出。2016年、人工知能ベンチャーの株式会社シナモンを設立、現職。プライベートでは2児の母。

お問い合わせ先
EY Japan
Entrepreneurial Winning Women 運営事務局
担当:田中
E-mail: info_wwn@jp.ey.com