法人案内

ダイバーシティへの取組み

活動方針

D&I の取り組みの活動方針

プロフェッショナル・ファームであるEY Japanでは、構成員の一人一人が財産です。より良い社会の構築を目指していくために、一人一人の能力を最大限に引き出し、魅力ある職場づくりを通じて優秀な人財を確保して、高い成果を上げるチームを作ることが必要です。その前提となるのが、ダイバーシティ&インクルーシブネス(D&I)です。性別・国籍・文化などを異にする多様な人財を受け入れ、一人一人の能力を最大限に発揮できる環境は、相互理解を促進し、日本経済のグローバル化へ対応していく上でも、大切だと考えています。

新日本有限責任監査法人では、各部門から選任された委員での D&I 委員会を組成し、組織全体から意見を吸い上げ、提案事項の実現をサポートしています。

取り組みの重点領域

取組みの重点領域

ダイバーシティとは「違い」のことです。
インクルーシブネスとは、これらの「違い」をうまく活用することです。

新日本有限責任監査法人は特に 「ジェンダー(性差)」 「マルチカルチャー」 「障がい」「LGBT」を D&I の取り組みの重点領域と位置付けしています。


推進体制

(図をクリックして拡大)
D&I の取組みの活動方針

D&I の取り組み内容・活動

イベント開催報告

EYでのD&I 活動紹介

新日本有限責任監査法人がメンバーファームとなっているEYは、世界的にD&Iをリードしています。他のEYメンバーファームにおける先進的な取り組みの事例を紹介します。