法人案内

行動指針

私たちは、Building a better working world「グローバルな経済社会の円滑な発展に貢献する監査法人」をPurpose(理念)として掲げています。
Purpose(理念)は、私たちが存在する意義であり、目的です。私たちが社会的使命を果たすための行動の前提となる理念です。このPurposeを実践するために、私たちが行動する際に共通に持つべき指針が、この「EY新日本有限責任監査法人 行動指針」です。本指針は、全EYメンバーファーム共通の指針である EY Global Code of Conductを同時に尊重することを前提に、監査法人の全構成メンバーが共有すべき固有のものとして制定しています。

私たちは、この「行動指針」に沿った行動をとり、Building a better working world「グローバルな経済社会の円滑な発展に貢献する監査法人」を実践していきます。

行動指針(目次のみ)
【前文】私たちのPurpose(理念)
  1. 私たちのPurpose(理念)
  2. 私たちのAmbition(私たちが目指すべき姿)
  3. 私たちが目指すべき姿の具体化
【第1部】プロフェッショナル編
~高い付加価値を与えるプロフェッショナル集団となるために~
Ⅰ 最高品質のサービスを提供するために
  • 1-1.ステークホルダーの期待を考える
  • 1-2.プロフェッショナル意識と当事者意識
  • 1-3.プロアクティブな行動
  • 1-4.クライアントのビジネスとビジネスリスクの深い理解
  • 1-5.コミュニケーションの徹底(クライアントとのコミュニケーション)
  • 1-6.コミュニケーションの徹底(チーム内でのコミュニケーション)
  • 1-7.説明責任の実践
  • 1-8.自己研鑽と切磋琢磨
  • 1-9.社会人としてのマナー(挨拶、時間の厳守、服装)
Ⅱ 誰もが働きたい・働き甲斐のある組織となる
  • 2-1.風通しのよい職場環境の醸成
  • 2-2.D&I(ダイバーシティ&インクルーシブネス)の推進
  • 2-3.ワークライフバランスの実現
Ⅲ 未知の分野・新たな社会要請を得意とする法人となる
  • 3-1.新しい社会の創造への貢献
  • 3-2.次世代人材の育成
【第2部】法令遵守編 ~社会からの信頼を失わないために~
  1. 独立性の保持
  2. インサイダー取引防止
  3. ハラスメント及び差別防止
  4. 情報の厳格な管理
  5. 労働基準法の遵守
  6. 反社会勢力の排除
  7. 贈収賄防止