出版物 / 刊行物 / 調査資料

インドの会計・税務・法務 [第3版]

インドの会計・税務・法務 [第3版]
  • 出版社
    税務経理協会
  • 価格(税抜き)
    3,400円
  • 発行年月
    2017.10

概要

本書は、インドに進出している日本企業から実際に寄せられた質問から、重要と考えられるテーマについてQ&A形式で解説しています。
第3版では、2017年7月1日から導入されたインド税務史上最大の改革といわれる物品・サービス税(GST)の最新情報を盛り込んでいます。
これからインドへの進出を検討される企業や既にインドでビジネスを展開している企業の実務担当者や本社経理部門の皆さまに大変有用な一冊です。

目次

第1章 インドの基礎データに関するQ&A
第2章 インド進出に関するQ&A
第3章 インドの会社法務に関するQ&A
第4章 インドの法人所得税に関するQ&A
第5章 インドの移転価格税制に関するQ&A
第6章 インドの個人所得税に関するQ&A
第7章 インドの租税条約に関するQ&A
第8章 インドの間接税に関するQ&A
第9章 インドの会計制度に関するQ&A
第10章 インドにおけるM&Aについて
第11章 物品・サービス税(GST)の導入

執筆等

山口哲男、松田博司、城市武志、本山禎晃、早坂周子

備考

ご希望の方は書店にてお求めいただくか、出版社へ直接お問い合わせください。