出版物 / 刊行物 / 調査資料

連結手続における未実現利益・取引消去の実務

連結手続における未実現利益・取引消去の実務
  • 出版社
    中央経済社
  • 価格(税抜き)
    3,700円
  • 発行年月
    2017.04

概要

連結手続の中でも、会計基準や実務指針に詳細な定めが設けられていない債権債務・取引高の相殺消去や、未実現利益の消去の仕訳について、会計処理に絞って実務上の取扱いをまとめました。基本的な取扱いを踏まえて、取引パターンや対象資産別に会計処理を整理し、さらには、在外子会社等における換算や決算期ズレのケース、セグメント情報における取扱いなど、連結決算直結の論点満載であり、担当者必携の一冊となっています。

目次

第Ⅰ部 連結手続における取引高・債権債務の相殺消去の実務
 第1章 取引高・債権債務の相殺消去に係る会計基準の定め
 第2章 取引パターン別の相殺消去方法
第Ⅱ部 連結手続における未実現利益の消去の実務
 第1章 未実現利益の消去に係る基本的な取扱い
 第2章 取引パターン別の相殺消去と実現処理
第Ⅲ部 実務上の論点

執筆等

【執筆者】
新井篤、浦田千賀子、加藤圭介、杉山正悟、中込佑介、成田充孝、横井貴徳、吉田剛
【編集・執筆責任者】
吉田剛
【レビューア】
井澤依子、江村羊奈子、小林正文、櫻井靖洋、田村友信、爲我井顧矩、藤間康司、堀合洋平、村上貴之

備考

ご希望の方は書店にてお求めいただくか、出版社へ直接お問い合わせください。