出版物 / 刊行物 / 調査資料

3つの視点で会社がわかる「有報」の読み方(最新版)

3つの視点で会社がわかる「有報」の読み方(最新版)
  • 出版社
    中央経済社
  • 価格(税抜き)
    2,800円
  • 発行年月
    2017.01

概要

好評を頂いている『3つの視点で会社がわかる「有報」の読み方』の最新版です。有報には有用な情報が詰まっていますが、「必要な情報がどこに記載されているか分かりにくい」、「使い勝手が悪い」と思われている方も多いのではないでしょうか。本書では、大局的、ストーリー別、項目別という3つの視点から有報を読むポイントを解説しており、バラバラだった情報がパズルのようにつながり、企業のビジネスや実態が見え、有報を読み解くことができる内容になっています。

目次

§1 大局的に読む有価証券報告書
Step1 企業のビジネスを読み解く!
Step2 企業の業績トレンドを読み解く!
Step3 企業利益等の詳細を読み解く!
Step4 企業の財務健全性を読み解く!
Step5 企業の将来情報を読み解く!
§2 ストーリーから読む有価証券報告書
  • 金利、為替、株価変動
  • 子会社の買収
  • 海外企業の買収
  • 業績の悪化
  • 子会社の買収
  • スクラップ&ビルド
  • 自然災害による損失
§3 項目別に読む有価証券報告書

執筆等

【執筆代表】
山岸聡
【執筆】
井澤依子、伊藤毅、内川裕介、浦田千賀子、江村羊奈子、蟹澤啓輔、高野昭二、蛇谷光生、武澤玲子、中村崇、七海健太郎、牧野幸享、山岸正典、湯本純久、若林恒行

備考

ご希望の方は書店にてお求めいただくか、出版社へ直接お問い合わせください。