出版物 / 刊行物 / 調査資料

信用金庫・信用組合の監事監査実務

信用金庫・信用組合の監事監査実務
  • 出版社
    経済法令研究会
  • 価格(税抜き)
    3,500円
  • 発行年月
    2017.01

概要

コーポレートガバナンスの強化を目的とする制度改正が行われる中、信用金庫・信用組合においても、員外監事要件の厳格化、会計監査人の独立性強化を目的とする会計監査人選解任議案決定権の監事への付与など、関連する法改正が行われています。
本書は、こうした法改正や昨今の監査環境の変化を踏まえつつ、信用金庫・信用組合の監事監査実務について、わかりやすくとりまとめたものです。

目次

第1章 信金・信組の監事監査を取り巻く規制環境
第2章 監事監査制度概要
第3章 監事監査の流れ
第4章 監査計画の立案
第5章 期中監査
第6章 期末監査
第7章 会計監査人の選解任等
第8章 総(代)会
資料編

執筆等

【編著者】
窪寺信、日下部惠美、荒山智章、船木博文
【監修者】
坂本有毅(EY弁護士法人)、星野快(EY弁護士法人)

備考

ご希望の方は書店にてお求めいただくか、出版社へ直接お問い合わせください。