出版物 / 刊行物 / 調査資料

不動産取引の会計・税務Q&A(第3版)

不動産取引の会計・税務Q&A(第3版)
  • 出版社
    中央経済社
  • 価格(税抜き)
    4,600円
  • 発行年月
    2016.04

概要

企業活動には不動産が不可欠で、多くの企業が何らかの形で不動産取引を行っています。不動産取引は、個別色が強くさまざまな場面で悩ましい会計・税務処理に直面します。本書は、取得、開発、保有、運用・賃貸借、仲介、売却、除却といった不動産取引ごとに、Q&Aで分かりやすく解説しています。昨今注目されている再開発に関する論点や、新指針である繰延税金資産の回収可能性の適用指針、28年度税制改正を盛り込んでいます。

目次

第1章 不動産の取得
第2章 不動産の開発
第3章 不動産の保有
第4章 不動産の運用・賃貸借
第5章 保有不動産の評価
第6章 不動産の販売・売却
第7章 不動産取引の仲介
第8章 不動産の証券化
第9章 不動産の除却・滅失
第10章 国際財務報告基準(IFRS)における不動産の会計処理

執筆等

【総合編集】
安部里史、小島亘司、守屋貴浩
【編集・執筆】
大久保照代、新田浩史、荒木隆志、竹内毅、田中耕太郎、齋木夏生、味戸富博、安部里史
【編集】
篠木良枝
【執筆協力】
宇井達彦、田中裕樹、中村謙志、中山健一、延兼和也
山本恭司(EY税理士法人)
山田聡、後藤誠治、平井清司、松原二郎、後藤靖裕、船木義仁、中尾正行、山中高志(EYトランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社)

備考

ご希望の方は書店にてお求めいただくか、出版社へ直接お問い合わせください。