出版物 / 刊行物 / 調査資料

ベンダーとユーザーのためのソフトウェア会計実務Q&A

ベンダーとユーザーのためのソフトウェア会計実務Q&A
  • 出版社
    清文社
  • 価格(税抜き)
    4,400円
  • 発行年月
    2016.05

概要

提供企業・利用企業両者の立場からソフトウェアにまつわる会計処理の実務上の課題とその対応についてQ&Aで分かりやすく解説。
IFRSや、クラウドサービス、アジャイル開発などのソフトウェアビジネスの変化にも対応。
提供企業の会計不正事例を通じて内部統制の留意事項についても取り扱っています。

目次

第1章 序論
第2章 ベンダーの会計処理(受注制作のソフトウェア)
第3章 ベンダーの会計処理(市場販売目的のソフトウェア)
第4章 ベンダーの会計処理(ソフトウェアの収益認識)
第5章 ユーザーの会計処理(自社利用のソフトウェア)
第6章 ソフトウェア業界の会計不正事例
第7章 ソフトウェア業の内部統制
第8章 ソフトウェア業の開示
第9章 IFRS

執筆等

【編集・執筆】中井清二、林一樹、井澤依子
【執筆】宮本義三、伊東朋、金野広義、髙橋稔、田村悠、西岡暢亮、安居良大

備考

ご希望の方は書店にてお求めいただくか、出版社へ直接お問い合わせください。