出版物 / 刊行物 / 調査資料

ここが変わった!税効果会計―繰延税金資産の回収可能性へのインパクト

ここが変わった!税効果会計―繰延税金資産の回収可能性へのインパクト
  • 出版社
    中央経済社
  • 価格(税抜き)
    2,800円
  • 発行年月
    2016.04

概要

平成27年12月に公表された「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」の論点を掘り下げて解説します。
「繰延税金資産の回収可能性」は、会社分類の検討や将来の課税所得の見積りなど、判断が難しい項目が多くあり、本書では新しい適用指針に伴う実務対応を記述しています。また、これまでの指針であった「繰延税金資産の回収可能性の判断に関する監査上の取扱い」(66号)からの変更の有無をわかりやすく説明するとともに、実務上の論点をQ&Aでまとめました。

目次

第1章 税効果会計の基礎
第2章 回収可能性適用指針の概要および実務への影響
第3章 繰延税金資産の計上・回収可能性の判断および手順
第4章 企業の分類に応じた繰延税金資産の回収可能性
第5章 将来課税所得の見積り
第6章 タックス・プランニング
第7章 その他の項目における取扱い
第8章 適用時期等
第9章 引き継がれなかった定め等
第10章 実務上のQ&A

執筆等

【編集総責任者】 井澤依子
【レビューア】 井澤依子、大澤栄子、柏尾林太郎、野田正和、村上貴之、吉田剛
【編集】 吉田剛
【執筆】 鵜飼豊一、江村羊奈子、佐久間大輔、藤波竜太、松永啓介、村田貴広、吉田剛

備考

ご希望の方は書店にてお求めいただくか、出版社へ直接お問い合わせください。