出版物 / 刊行物 / 調査資料

英文会計のコミュニケーション

英文会計のコミュニケーション
  • 出版社
    同文舘出版
  • 価格(税抜き)
    3,500円
  • 発行年月
    2015.07

概要

「減損」「引当金及び偶発債務」「法人所得税」「収益認識」等、実務上でよく議論されるテーマに関して、日本基準、IFRS、米国基準の相違点についても言及しながら、コミュニケーションのための英文文例を掲載しています。日本の会計専門家の英文会計実務のみならず、海外子会社駐在員が現地の経理担当者に日本の会計基準を説明する際にも非常に有用です。また、会計専門家の英語学習の教材としてもご活用いただけます。

目次

第1章 会計基準の設定主体
第2章 帳簿の体系と財務諸表
第3章 現金及び現金同等物・債権
第4章 棚卸資産
第5章 有形固定資産
第6章 無形資産
第7章 減損
第8章 リース
第9章 引当金及び偶発債務
第10章 法人所得税
第11章 負債及び純資産
第12章 デリバティブとヘッジ会計
第13章 収益認識
第14章 会計上の変更及び誤謬の訂正

執筆等

【執筆】
柳年哉、平井啓仁、ポール・サーストン
【監修】
ポール・サーストン、沢木ニコラ、水田昌義、柏岡佳樹

備考

ご希望の方は書店にてお求めいただくか、出版社へ直接お問い合わせください。