出版物 / 刊行物 / 調査資料

為替換算調整勘定の会計実務(第2版)

為替換算調整勘定の会計実務(第2版)
  • 出版社
    中央経済社
  • 価格(税抜き)
    4,000円
  • 発行年月
    2015.03

概要

「為調で一冊の本ができるの!?」そんな声も聞こえた初版も、読者の皆さまからご好評をいただきました。この度発刊する第2版では、平成28年3月期から原則適用となる改正連結会計基準に完全準拠し、また、子会社株式の取得時・売却時及び子会社の業績が悪化した際の取扱いに関し、新章を設けて解説しています。その発生のメカニズムから具体的な会計処理、さらには実務上の論点まで網羅しており、連結決算に直結する必携の書となっています。

目次

序章 為替換算調整勘定をめぐる昨今の動き
第1章 在外子会社等の財務諸表項目の換算と為替換算調整勘定の発生
第2章 在外子会社の株式取得・売却の際の為替換算調整勘定
第3章 子会社投資の各ステージにおける為替換算調整勘定の会計処理
第4章 在外子会社の財政状態が悪化した場合の為替換算調整勘定
第5章 債権債務の相殺と為替換算調整勘定
第6章 受取配当金の相殺と為替換算調整勘定
第7章 決算期ズレ・決算期変更の場合の取扱い
第8章 連結キャッシュ・フロー計算書での取扱い
第9章 持分法会計と為替換算調整勘定
第10章 為替換算調整勘定に係る税効果
第11章 在外子会社の記帳通貨・換算相場の変更等
第12章 在外孫会社の間接所有
第13章 在外子会社・関連会社の持分ヘッジ取引
第14章 開示(包括利益・組替調整額)
第15章 為替換算調整勘定の残高検証方法

執筆等

【編集責任】山岸聡
【執筆】蟻川元、石田猛士、小河原達矢、栗原優貴、桒山裕司、今野光晴、
田所聡史、吉田剛
【全体レビュー】田中清人、堀健
【レビュー】織田幸浩、千葉保志、平野英史、松村信、宮﨑徹、茂木哲也、
山賀信哉、吉田剛
【編集】吉田剛
【事例分析協力】増田直、織田裕美

備考

ご希望の方は書店にてお求めいただくか、出版社へ直接お問い合わせください。