出版物 / 刊行物 / 調査資料

ケース別 債務超過の会計実務 個別・連結上の論点と組織再編・繰越欠損金の取扱い

ケース別 債務超過の会計実務 個別・連結上の論点と組織再編・繰越欠損金の取扱い
  • 出版社
    中央経済社
  • 価格(税抜き)
    5,200円
  • 発行年月
    2014.04

概要

子会社が業績不振に陥り、債務超過の状態になってしまうことや、戦略的に債務超過会社を買収するケースがあります。しかしながら、債務超過会社には、通常では想定し得ないような会計上の論点が数多くあります。本書では、債務超過の際の会計実務の留意点を、個別財務諸表、連結財務諸表、組織再編に分けて解説しています。また、税務上や税効果会計上の取扱いまでを網羅しており、もしものときに備える一冊になっています。

目次

第Ⅰ部 債務超過とは?
第Ⅱ部 自社が業績不振の場合の会計処理
第Ⅲ部 関係会社等が債務超過の場合の会計上の論点
第Ⅳ部 債務超過と組織再編
第Ⅴ部 繰越欠損金の取扱いと税効果会計

執筆等

【編集責任者】山岸聡
【編集】松本雄一、吉田剛
【執筆】赤木敦、猪口建太朗、遠藤努、門田功、佐久間大輔、松本雄一、村井隆紘、吉田剛
【レビューア】飯田傑、井澤依子、久保澤和彦、鈴木拓也、高木健治、髙橋幸毅、野田正和、宮川宏、安原明弘

備考

ご希望の方は書店にてお求めいただくか、出版社へ直接お問い合わせください。