出版物 / 刊行物 / 調査資料

ORSA:リスクとソルベンシーの自己評価 -保険会社におけるERM態勢整備

ORSA:リスクとソルベンシーの自己評価 -保険会社におけるERM態勢整備
  • 出版社
    金融財政事情研究会
  • 価格(税抜き)
    2,600円
  • 発行年月
    2013.06

概要

本書は、いかに自社の中長期リスクを評価し、意思決定プロセスに組み込んでいくか、保険会社のERM態勢整備において不可欠なORSA(リスクとソルベンシーの自己評価)について、詳細に解説しています。海外先行事例や各国ORSA規制と先行保険会社におけるORSA報告書の取組事例など、幅広い実務ポイントを交えて説明しており、保険会社の経営者、企画・リスク管理・主計・国際部門などの担当者や関連金融機関の皆さまの実務に有用な一冊です。

目次

第1章  保険会社ERMと保険IFRSに関する規制動向
第2章  リスクとソルベンシーの自己評価(ORSA)のフレームワーク
第3章  ORSAに関する取組みおよび動向
第4章  ORSA報告書の検討と取組状況
第5章  ORSA導入における今後の課題
第6章  参考資料

執筆等

【監修・執筆】
小澤裕治、出塚亨一
【執筆】
臼倉健司、近藤敏弘、羽柴則央、鴨下裕嗣、山野浩、川﨑俊彦、碓井誠人、石井宏、浅田昌司、小湊敦、溝口佳子

備考

ご希望の方は書店にてお求めいただくか、出版社へ直接お問い合わせください。