出版物 / 刊行物 / 調査資料

自己株式の会計・税務と法務Q&A

自己株式の会計・税務と法務Q&A
  • 出版社
    清文社
  • 価格(税抜き)
    3,800円
  • 発行年月
    2013.03

概要

本書は、近年、多種多様な方法で活用が進む自己株式について、最新の法令・会計基準に基づき実務上留意すべきポイントを中心に、会計・税務・法務の各観点からQ&A形式で解説を行っています。また、従業員株式所有制度(日本版ESOP)への自己株式の活用など、自己株式の新たな利用方法についての最新事例も紹介しています。
経理実務担当者だけでなく、総務・財務・経営企画をはじめ幅広い実務家に有用な一冊です。

目次

第1章 自己株式の制度の概要
第2章 自己株式の取得
第3章 自己株式の保有
第4章 自己株式の処分
第5章 自己株式の消却
第6章 種類株式と自己株式
第7章 企業再編における自己株式の利用
第8章 新株予約権行使時における自己株式の利用
第9章 財務諸表における自己株式の表示
第10章 自己株式と連結財務諸表

執筆等

足立章之郎、尾田智也、野口正邦
石井裕介、河島勇太、近澤諒、若林功晃(森・濱田松本法律事務所)
上田憲治、黒須大輔、清水一男、清水智恵子、谷岡俊輔、南波洋、藤川武(新日本アーンスト アンド ヤング税理士法人)

備考

ご希望の方は書店にてお求めいただくか、出版社へ直接お問い合わせください。