出版物 / 刊行物 / 調査資料

そうだったのか!企業結合会計の考え方・つかみ方

そうだったのか!企業結合会計の考え方・つかみ方
  • 出版社
    中央経済社
  • 価格(税抜き)
    2,400円
  • 発行年月
    2010.07

概要

本書は、「企業結合」とは「取得」のことであるとして類似取引との位置関係を明確にし、企業結合会計の基本を説明した上で、"企業結合会計基準"や"事業分離等会計基準"を分かりやすく解説しています。
また、会計基準を体系的に理解できるよう、企業結合等に関する会計処理の考え方を、企業における商品売買や投資活動と同一の視点(投資、保有、売却・清算)で整理しました。
2010年4月1日から適用されている新しい企業結合会計基準に対応しており、IFRSの考え方やIFRS適用に向けた会計基準のコンバージェンス(見直し)についても随所で解説しています。

目次

第1章 企業結合会計の入口
第2章 基本的な考え方と会計処理
第3章 「取得」と「逆取得」、共同支配企業の形成
第4章 共通支配下の取引(少数株主なし)
第5章 少数株主との取引
第6章 分離元企業等の会計処理
第7章 目的別の組織再編
第8章 さまざまな組織再編と法律
第9章 組織再編と税務
第10章 その他あれこれ(理論編)
第11章 残る課題、IFRS

執筆等

【編著】藤原道夫

備考

ご希望の方は書店にてお求めいただくか、出版社へ直接お問い合わせください。