出版物 / 刊行物 / 調査資料

会社法決算書の読み方・作り方(第4版)

会社法決算書の読み方・作り方(第4版)
  • 出版社
    中央経済社
  • 価格(税抜き)
    7,000円
  • 発行年月
    2010.03

概要

「商法決算書の読み方・作り方」として版を重ね、現在は会社法の施行に伴い「会社法決算書の読み方・作り方」として発刊しています。20年以上愛用されているロングセラーの決算実務書の最新改訂版です。
本書は、平成21年3月期決算の主要企業100社の開示実態分析から産み出された豊富でスタンダードなモデルとなる事例をベースに、「意義」、「開示状況」、「記載例」、「留意事項」の主要な項目別に整理し、会計処理や開示方法をわかりやすく解説しています。日本経団連ひな型(2009年12月改訂版)、株墾モデルなど各種ひな型の最新版に対応しており、また本版より、知りたい記載例などがすぐ引ける「記載事例総覧」を新たに収録しました。

目次

第1章: 会社法決算の概要
第2章: 事業報告
第3章: 貸借対照表等
第4章: 損益計算書等
第5章: 株主資本等変動計算書等
第6章: 注記表
第7章: 附属明細書
第8章: 監査報告
第9章: 会計参与報告
第10章: 株主総会招集通知等
第11章: 計算書類の公告
第12章: 剰余金の配当等

備考

ご希望の方は書店にてお求めいただくか、出版社へ直接お問い合わせください。