出版物 / 刊行物 / 調査資料

「債権処理の税務・会計・法務」完全解説

「債権処理の税務・会計・法務」完全解説
  • 出版社
    税務研究会出版局
  • 価格(税抜き)
    3,000円
  • 発行年月
    2009.08

概要

経済環境が悪化している状況においては、債権処理の持つ重要性が増します。債権処理は、税務・会計・法務に三つの観点からの実務対応が求められる分野です。この三つの観点は、それぞれ関連付けながら整理することが有用です。
本書は、債権処理の実務について、税務処理を中心に会計・法務を関連付けた解説を集約しています。

目次

第1部: 法務編
 第1章: 債権の管理
 第2章: 時効の管理
 第3章: 緊急時の債権回収
 第4章: 担保権の実行
 第5章: 再建型倒産手続
 第6章: 再建スキームの活用
 第7章: 清算型倒産手続

第2部: 会計処理編
 第1章: 債権区分の方法
 第2章: 貸倒見積高の算定方法
 第3章: その他の会計処理

第3部: 税務編
 第1章: 貸倒損失に係る税務
 第2章: 貸倒引当金の税務
 第3章: 子会社等の整理(または支援)に伴う損失
 第4章: 会社再建と会計・税務
 第5章: デット・エクイティ・スワップ
 第6章: その他税務上の留意点

備考

ご希望の方は書店にてお求めいただくか、出版社へ直接お問い合わせください。