出版物 / 刊行物 / 調査資料

Q&A ソフトウェア業の会計実務 -工事進行基準対応

Q&A ソフトウェア業の会計実務 -工事進行基準対応
  • 出版社
    清文社
  • 価格(税抜き)
    4,000円
  • 発行年月
    2009.07

概要

本書は、ソフトウェア業についての取引慣行、会計処理時の留意点、国際会計基準(IFRS)の取り扱い、開示事例、内部統制の整備・運用の際のポイントなどを、Q&Aで分かりやすく解説しています。平成21年4月1日以降開始する事業年度から適用されている「工事契約に関する会計基準」にも対応しています。
ソフトウェア業の経理を初めて担当する方や、ソフトウェア業の監査・税務に初めて携わる公認会計士・税理士など専門家の方にお薦めします。

目次

第1章: 序論
第2章: 受注制作のソフトウェア
第3章: 市場販売目的のソフトウェア
第4章: 自社利用のソフトウェア
第5章: ソフトウェアの収益認識
第6章: ソフトウェア業の開示
第7章: ソフトウェア業の内部統制
付録: 財務報告に係る内部統制チェックリスト

執筆等

林一樹、宮本義三、井澤依子、金野広義、伊東朋、浦本洋一、中井清二、田村悠

備考

ご希望の方は書店にてお求めいただくか、出版社へ直接お問い合わせください。