出版物 / 刊行物 / 調査資料

勘定科目別 会社決算の税実務(第3版)

勘定科目別 会社決算の税実務(第3版)
  • 出版社
    中央経済社
  • 価格(税抜き)
    5,400円
  • 発行年月
    2009.03

概要

国際会計基準(IFRS)導入への動きが本格化してきており、会計基準の多くの項目において急速に見直し、変更がされ始めています。そのため、今後は会計基準と法人税の関係が新たな展開を見せることも十分予想されるので、注目していく必要があります。
本書は、貸借対照表、損益計算書の勘定科目ごとに、税実務を中心にポイントを分かりやすく記載しています。会計基準に基づく会計と税実務の関係とギャップ、ギャップ調整などのための税効果会計などに注目して解説しています。また、平成21年度税制改正の法人税関連項目も「付録」として補足説明しています。
会社経理実務者・税実務者、会計・税務の初心者、会社決算・税実務のアウトラインを知りたい経営者の方々にお薦めします。

目次

第1章: 流動資産
第2章: 固定資産
第3章: 負債
第4章: 引当金
第5章: 純資産
第6章: 売上高・売上原価
第7章: 販売費及び一般管理費
第8章: 営業外損益・特別損益
第9章: 外貨建取引・リース取引・退職給付関係・金融商品関係・信託関係
第10章: 「法人税、住民税及び事業税」及び税効果会計

備考

ご希望の方は書店にてお求めいただくか、出版社へ直接お問い合わせください。