出版物 / 刊行物 / 調査資料

ストック・オプションの会計実務 会計・税務・評価の方法

ストック・オプションの会計実務 会計・税務・評価の方法
  • 出版社
    中央経済社
  • 価格(税抜き)
    3,000円
  • 発行年月
    2007.04

概要

ストック・オプション取引が活性化するにつれて、ストック・オプションの会計処理を明確にする必要性が各界から唱えられ、企業会計基準委員会は平成17年12月に「ストック・オプション等に関する会計基準及び同適用指針」を公表しました。これにより、わが国でもストック・オプションの費用処理が求められることとなりました。
本書は、ストック・オプション会計基準の策定に関与した公認会計士が、できるだけ平易に解説しており、実務上の論点をQ&A方式で取り込んでいます。

目次

第1章: 会社法におけるストック・オプションの取扱い
第2章: ストック・オプションの会計処理
第3章: 自社株式オプションを付与する取引の会計処理
第4章: 自社の株式を交付する取引の会計処理
第5章: 開示
第6章: オプション評価モデル
第7章: 税法におけるストック・オプションの取扱い
第8章: 実務上の論点(Q&A)

備考

ご希望の方は書店にてお求めいただくか、出版社へ直接お問い合わせください。