出版物 / 刊行物 / 調査資料

会社法実践ガイド 第1巻 機関設計・内部統制

会社法実践ガイド 第1巻 機関設計・内部統制
  • 出版社
    中央経済社
  • 価格(税抜き)
    2,400円
  • 発行年月
    2006.08

概要

会社法では決算実務について多くの変更がありました。企業の経営状況の的確な把握、利害関係者への適正開示のためには、これらの変更点をよく理解し、適正な会計処理を行い、適正な決算書を作成することが肝要です。
本シリーズ(全3巻)は会社法の中でも企業と監査法人に関係が深いテーマを選び、刊行しました。
第1巻の本書では、会社法の施行により多様となった会社の機関設計やコンプライアンス重視から整備が求められる内部統制や開示に係る実務を解説しています。また、税務面についても言及しています。

目次

第1章: 会社法の概要
第2章: 機関設計の多様化
第3章: 株主総会
第4章: 取締役と取締役会
第5章: 監査役と監査役会
第6章: 会計参与・会計監査人
第7章: 委員会設置会社
第8章: 取締役等の責任と株主代表訴訟
第9章: 内部統制と開示
第10章: 開示と会計・税務処理

備考

ご希望の方は書店にてお求めいただくか、出版社へ直接お問い合わせください。