出版物 / 刊行物 / 調査資料

株主総会に向けた会社法の重要実務対策

株主総会に向けた会社法の重要実務対策
  • 出版社
    税務研究会出版局
  • 価格(税抜き)
    1,800円
  • 発行年月
    2006.06

概要

会社法の制定により、実務に携わる関係者は、会社の効率的かつ効果的な運営のために、会社法の正確な理解と適切な運用が求められています。
本書は、会社法、会社法施行令、会社法施行規則、会社計算規則、電子公告規則などに基づき、主に中小企業を対象に、決算期の定時株主総会までに何を決めなければならないか、決算期の違いによって会社法の適用がどのように変わるのかという点を解説しました。実務上の重要な事項を中心に、会社の設計する機関の形態に応じ、会社法施行後の定時株主総会での会社の対応について、考えておくべきポイントを挙げています。

目次

第1章: 会社の機関設計はどうする?
第2章: 会社類型別の計算書類の確定と株主総会スケジュールは?
第3章: 株主総会招集事務及び決議事項はどうなる?
第4章: 会社法施行に伴い必要とされる定款変更とは?
第5章: 決算関係書類はどうなる?
第6章: 中小企業の株式戦略はどうする?

備考

ご希望の方は書店にてお求めいただくか、出版社へ直接お問い合わせください。