出版物 / 刊行物 / 調査資料

新「会社法」と経営のしくみ -会社設立から内部統制、適正開示まで

新「会社法」と経営のしくみ -会社設立から内部統制、適正開示まで
  • 出版社
    中央経済社
  • 価格(税抜き)
    1,800円
  • 発行年月
    2005.08

概要

時代に適合した「良い会社」「強い会社」となるためには「経営のしくみ」作りが必要です。そのヒントが、平成18年春に施行が予定されている新会社法と、株式公開(上場)の審査基準にあります。
本書は、会社経営を変えるポイント・ヒントなどを、新会社法の内容、株式公開に必要な事項、内部統制などを関連付けながら、100項目にわたって要約記載しています。長年、株式公開会社、株式公開予定会社の監査、アドバイザリー・サービスなどを行っている著者の知識と経験をとりまとめ、図表を用いて分かりやすく解説しています。

目次

第1章: 社設立とビジネスプラン
第2章: 会社経営と内部統制
第3章: 株式、新株予約権等と資本政策
第4章: 組織再編と役員、親子会社との関係整備
第5章: 適時適正な財務諸表と剰余金分配

備考

ご希望の方は書店にてお求めいただくか、出版社へ直接お問い合わせください。