出版物 / 刊行物 / 調査資料
SEC and US GAAP Weekly Update 2016年

To the Point:共通支配下にある関連当事者が間接的に保有する持分の評価に関する新たなガイダンス (10月27日号)

FASBは、単独の意思決定者又はサービス提供者が、VIEモデルに基づき変動持分事業体(VIE)の主たる受益者であるかどうかを判定するための連結ガイダンスを適用する際、共通支配下にある関連当事者が間接的に保有する持分を検討する方法を変更しました。新しいガイダンスは、公開企業については2016年12月15日より後に開始する年次期間から有効です。