新日本有限責任監査法人
出版物 / 刊行物 / 調査資料
SEC and US GAAP Weekly Update 2013年

Financial Reporting Developments(FRD)「負債及び株主資本による資金調達に関する発行体の会計処理」の更新 (6月13日号)

2013年6月のFRD更新により、以下をはじめとする数多くのトピックについて、EYの見解が明確化されました。

セクション参照番号 内容の変更点
セクション2.3 負債証券発行に関連する発行体の直接的かつ増分的手数料(債権者以外の当事者に支払われるもの)のみを資産計上しなければならないことを明確化
セクション2.6.2.6 負債の条件変更における外部仲介者の関与の影響を評価する際に検討すべき事項を追加
セクション3.2.6.2 複合金融商品のホスト契約の性質を決定するにあたっては、その複合金融商品に組み込まれている強制償還条項の存在を慎重に検討しなければならないことを強調
セクション5.18.2.1 AICPAプロフェッショナル・スタンダードのセクションAU9336は、リーガル・ディフィーザンスについて定めるリーガルレターを検討する際のガイダンスとして使用できることを明確化
セクションC.5
(FAQ 5)
転換の誘導に関するガイダンスは一般に、発行体(又はその代理人)が市場で自社の負債証券を公正価値で買い戻しただけの場合、たとえ公正価値が転換価額を上回っていても、現金決済可能な転換負債証券には適用すべきではないことを明確化

今回の更新により、以前は会計マニュアルに含まれていた特定のセクションも組み込まれました。

  • セクション2.6 「Debt modifications and troubled debt restructurings(負債の条件変更及び不良債務再編成)」
  • セクション2.7 「Classification and presentation(区分及び表示)」
  • セクション5.18 「Advanced bond refunding(期限前社債借換え)」
  • セクション5.19 「Certain trade accounts payable transactions involving an intermediary(仲介者が関わる特定の買掛金取引の区分)」
  • セクション5.20 「Joint and several liabilities(共同連帯責任)」