出版物 / 刊行物 / 調査資料
CCaSS刊行物

時代を拓く経営の進化 
[成長を引き寄せる価値創造とは] 2015

時代を拓く経営の進化 

発行年月: 2015.03

課題先進国日本では今、短期的な利益のみを偏重してきたこれまでの経営のあり方や投資家との関係を見直し、新たな経営のあり方を構築しようといううねりが高まりつつあります。
本書では、今後あるべき企業と投資家の関係や企業経営そのもののあり方について、世界に先んじて提案・実践している各分野のリーダーの意見や活動事例を幅広く取り上げています。

内容

第一部 CSV経営

【特集1 対談】
シッカリ、イキイキ、ワクワク。社員と経営が一体になって進める新たな価値を育てるCSV
ヤマトホールディングス株式会社 代表取締役社長 木川 眞
【CSV事例1】
暮らしを見つめ、未来を変える新しい価値を提案
-ユニリーバの成長と持続可能性を両立するCSV-
【CSV事例2】
医療システムの変革で超高齢社会の課題解決に挑む
-GEヘルスケア・ジャパンの取り組み-
【CSV事例3】
異業種連携で北海道・美瑛町の地域課題解決に取り組む
-ヤフーが4社に呼びかけて実現したCSV-
  • ビジョンなきCSRに企業価値向上はない
  • コアビジネスを通じたCSV経営戦略
  • ビジネスルールとなった人権
  • これからが活躍の時代 -日本企業が長期的な環境課題を解決する-

第二部 統合報告/企業と投資家の対話

【特集2 対談】
企業と投資家の対話が目指すもの
-情報開示は相互理解にどう寄与するか-
オムロン株式会社 執行役員 経営IR室長 安藤 聡
フィデリティ投信株式会社 ディレクターオフリサーチ 三瓶裕喜
  • 統合報告及び投資家と企業の対話に係る一考察
  • コーポレートガバナンス・コードと統合報告
  • 統合報告書のコネクティビティと企業と投資家の対話
  • 開示情報量の変化からみた日本における統合報告書の実態
  • 国際統合報告評議会(IIRC)の紹介

お申込み

お一人様 3冊までとさせていただきます。

担当者:アカウンティングソリューション事業部 
CCaSS 小池・橡尾(とちお)
電話:03-3503-1109
MAIL: iirc@shinnihon.or.jp

※お申込みによってお知らせいただいた皆様の個人情報につきましては、新日本有限責任監査法人が本冊子の発送にかかる事務に利用させていただくほか、EY Japan EY Japanウェブサイトへ で共有させていただき、今後、実施する説明会、セミナー、勉強会、研究会、発刊書籍、および業務内容等のご案内をさせていただく目的以外には使用致しません。個人情報の管理は新日本有限責任監査法人が責任をもって行います。